衝撃の縄文スィーツ!まくわうりのケーキレシピ♡

   

みなさん、こんにちは!

まだまだ暑い日が続きますが、

朝夕はずいぶんと涼しい季節になりましたね。

季節の変わり目は夏の疲れが出やすい季節です。

そんな疲れた身体と心に優しいスィーツを紹介します。

 

まくわうり

lunitachi-02

先日、大好きな国立ファームさんから、

お野菜の定期便の中に黄色くて丸いものが入っていました。

ちょっとずっしり重かったので、

冬瓜の仲間かと思っていて、

煮物にでもしようと考えていたら、

仕事から帰ったパパが

 

「お、まくわうりやん。」と言うので、

「まくわうりって何に使うの?」と聞いたところ、

「これは、プリンスメロンみたいな感じかな。。

知らんの?」と、教えてくれたんです。

 

おっと~!!!

危ない、危ない。。

パパが気が付かなかったら、プリンスメロンを煮てしまうところでした。

という訳で。。。煮つけからケーキに変更。

 

♡縄文式まくわうりケーキ♡を紹介します。

 

◆材料◆

まくわうり      1個(小ぶりのもの)

白ワイン       100cc

水          100cc

砂糖         100グラム

 

バター        140グラム

砂糖         170グラム

小麦粉        180グラム

アーモンド粉     180グラム

ベーキングパウダー  小さじ2

卵           3個

塩          一つまみ

まくわうりのシロップ  大さじ2

ヨーグルト       大さじ1

 

◆下準備◆

・まずはまくわうりのシロップ漬けをつくります。

1,小鍋に白ワイン、水、砂糖、薄くスライスしたまくわうりを入れて、

中火で沸騰させ、火を止めて冷ましておきます。

kunitachi-03

2,完全に冷めたら、ざるにあけて水気を完全に切っておきます。

img_1027

 

・バター、卵は室温に戻しておきます。

・粉類(小麦粉、アーモンド粉、ベーキングパウダー)は

全てふるっておきます。

・型にオーブンペーパーを敷いておきます。

・オーブンを200℃に予熱しておきます。

 

◆作り方◆

1,室温に戻して柔らかくなったバターと砂糖をボウルに入れ、

砂糖が溶けて、バターにツヤが出るまでよく混ぜます。

2,1に卵を一つずつ割入れ、その都度よく混ぜます。

*分離しないように手早く混ぜます。

kunitachi-03-1

 

3,ゴムベラに持ち変えて、2に粉類を2,3回に分けて加え、

ゴムベラで練らないようにさっくりとヨーグルトを加えながら、

混ぜていきます。

*粉とヨーグルトをさっくり混ぜる方法は

紙コップで作るブルーベリーマフィンの記事を参考にしてください。

動画付きでございます^^

4,シロップを回しいれ、更にさっくりと混ぜ、

混ぜたら生地を型に入れ、200℃のオーブンに表面が乾くまで焼きます。

img_1032

*焼き目はついてなくても大丈夫です。

 

5,表面が乾いたら、一度オーブンから取り出し、

スライスしたまくわうりのシロップ漬けを生地の表面に、

バランスよくのせオーブンに入れて、180℃に温度を下げて、

約30~40分焼きます。

img_1033

6,竹串等を生地に刺してみて、何も付いてこなければ

焼き上げりです。

7,オーブンから取り出して、型ごと粗熱をとり、

粗熱が取れたら型を外し、

ケーキクーラーや網の上に取り出して完全に冷まします。

kunitachi-01-2

 

まくわうりの歴史はなんと縄文時代!

 

まくわうりについて、ちょっと検索してみたら、

何と縄文遺跡からまくわうりの種が発見されているらしい。

縄文時代は今から1万年以上前の時代ですが、

竪穴式住居や土偶等の時代。

この時代、日本には有名な人物はいませんが、

ググってみたら、海外ではめっちゃ凄い人がいっぱい!

ソクラテスにプラトン、アリストテレスに孔子等、

実にめっちゃ頭のいい人が勢ぞろいです。

「まくわうり」は日本ではそう呼ばれていただけで、

海外では違う名前ではありますが紀元前2000年からあるので、

きっと食べていたに違いない!

そんな偉大なまうわうりを食べると、

もしかしたら、もしかして、めっちゃ賢くなれるかも。。ですね^^

 

でも。。

そんな事はさておいて、今回のケーキのお味は、

素朴であっさりとしていて、甘さが控えめなので、

朝食やおやつにもなりそうです。

ホイップなんかを添えて頂くと、それはもう!絶品でございます!

心身共に疲れている方、

または、子供に頭が良くなってほしい方も

是非ぜひお試しください^^

 

 

 - お料理, レシピ, 健康, 健康、美容の事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。