3.11と桜の花と愛情と

      2016/03/10

ロフトネットストア

私の家の玄関の前には

何故か桜の木があります。

昔からあった訳ではなく、

ちょうど東日本大震災の翌年から、花を咲かせるようになったんです。

よく小学校とかにある大きな桜の木じゃないんですけど、

桜の花が散った後に、サクランボみたいな実がなるんです。

しかも不思議な事に、

必ず「春」に咲く訳じゃなくて、少し遅い時期に咲きだして、

初夏のあたりまで、咲いています。

その桜の花を見るたびに私は乳母を思い出します。

3.11と私の乳母の事

IMG_0748

 

私の家族は、私が小さかった頃は父の仕事の都合があって、

母と姉、私と父と乳母という感じで離れて暮らしていました。

なので、私にとっては乳母が母みたいな感じでした。

乳母はすごく優しくて、怒る事なんてほとんどありませんでした。

私は乳母が大好きです。

乳母は満州生まれのハワイ+岩手育ちです。

乳母の過去なんてどうでも良いので、

よくわからないんですが、家族みんなで出稼ぎに来て、

父の会社にいるようになったらしいです。

私の父も早くに両親を亡くしたので、

乳母と乳母のご主人さんを自分の親のように大切にしていました。

乳母は英語も中国語も韓国語も話せるので、

父が海外に行くときは、

私と、父と、乳母と3人で行きました。

私は小さかった頃、とても強い子だったので、

よくお友達を泣かしては父に怒られていました。

父に怒られて私が泣くと、

乳母は私の大好きなドーナツを作って、

お散歩に連れて行ってくれました。

道や野原や河原に咲くお花を観ながら、

話してくれたお話しを私は今でも覚えています。

IMG_0733 (1)

「お花をよく観てみて。。。

お花って、必ずあっぱ(乳母は自分をそう呼んでいた)達をみてない?

タンポポさんは上を向いてるね。桜は上から下にいるあっぱ達をみているわね。

何だか話しかけられているみたいでしょ?

悲しいときは「大丈夫?」って、

幸せな時は「良かったね!」って、いってるみたいじゃない?

でも、どんな時もお花は咲いてくれているわね。

キレイだけど、とっても優しくて強いって思わない?

人間のOHANA(ハワイ語で家族)だってそうなのよ。

憎いからパパは怒る訳じゃないのよ。

だから、帰ったらパパに「ごめんね。」って言ってごらん。

絶対に優しく「いいよ。」って、仲直りしてくれるから。

あっぱも一緒に「ごめんね。」って言ってあげる。」

家に帰って、乳母の言う通りにすると、

必ず乳母の言う通りになりました。

 

3.11の日、たまたま乳母は青森の三沢に住んでいる

乳母の姉のところにお見舞いに行っていて震災にあいました。

三沢のあたりは、被害が大きくなかったのですが、

それでも、足の悪い姉の事を思い、

被災地の病院なんかを転々としている最中に、

乳母は肺炎になってしまい、治療が十分に受けられずに、

合併症を起こして亡くなってしまいました。

 

震災直後だったので、十分に連絡がつかなくて、

私達がその事を知らされたのが3・20近かったと思います。

すぐにそばに行きたかったけど、

青森まで行くには、あまりにも遠くて行くことができませんでした。

夏になり、乳母の遺骨と、少しの遺品が届きました。

遺品の中に、私が4歳の時に乳母にあげた肩もみ券があって、

私はいっぱい泣きました。

 

約1年経ち、玄関に小さな木が生えてきて、

何故かその年(震災の翌年)は、秋に桜が咲いたんです。

 

「どんなに悲しくても、どんなに辛くても、

お花みたいにみんなに優しくしてね。」

 

そんな風に乳母が言っているように私には思えます。

 

被災して、たくさんの人たちが今も故郷に帰れないでいます。

さすがに私は町の復興はできないけど、

故郷に帰るまで、辛い気持ちを乗り越える勇気とか、

いい思い出とかを創るお手伝いができます。

IMG_0734

行き場のない気持ちに押しつぶされそうなら、

どうぞOHANAカフェにきてください。

何かを創ったり、

ただつらい記憶を話すだけでも構いません。

私は大歓迎です!

どうかみなさんが1日も早く帰れること、

乳母の分まで幸せになる事を願っています。

 

 - OHANAカフェ, イベント ワークショップ、講座, ハワイアンヒーリング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。