手作り夏用マフラー✿

      2015/06/26

街中を歩いて、汗をかいた後に乗り物に乗ると、

結構冷えますよね。

他にも乗車している方もいるので、

うかつに窓を開けたり風向きを変えるわけにもいきません。

特に汗をかきやすい首筋のあたりは、

電車やバスを降りる頃には、冷たくなっています。

使いやすい黒、生成りで編んでみました♫

使いやすい黒、生成りで編んでみました♫

逆に、街中を歩いているときは、

襟足が暑いので、髪をバレッタやシュシュであげていると、

首のあたりの紫外線予防が手薄になります。

そんな日焼けや冷房での冷えすぎを解消するなら、

 

手作り夏マフラーを編んでみませんか?

 

夏用なので、そんなに幅もないのでそんなに時間もかかりません。

使う糸も細くて軽い、夏用の毛糸を使うので、

荷物にもなりませんよ。

 

材料
夏用の毛糸             約100グラム(単色の場合)
かぎ針

 

作り方

1,鎖編みで作り目を300作り、細編み2段、

模様編み(ネット編み)4段編みます。

2,フリル編みでふち編みをして出来上がりです。

 

 

編み図はこちら↓

ロフトネットストア
見づらくてすみません(^_^;)

見づらくてすみません(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

これまた、見づらいですね。。

これまた、見づらいですね。。

 

 

 

 

 

私はモチーフをつけて、ラリエットみたいにしましたが、

このままでもとても可愛いですよ。

もし、モチーフをつけたい方は葉っぱの土台の編み図を

アップしますので、参考にしてくださいね。

葉っぱモチーフ土台

葉っぱモチーフ土台

 

 

 

 

 

 

 

 

付けるお花はお好みですが、

簡単のできる基本のお花はこちらです↓

https://hawaiian-hearling.yhw-alohasoul.com/ajisaikeito/

先日紹介した「ひまわり」でも可愛いと思います♫

 

ネット編みにして、風通しよくしてあるので、

ちょっと幅広に編むと、ブランケットにもショールにもなります。

デザインや形はお好みで編んでみてください。

今回紹介したマフラーは、編む量が少ないので、

飽きっぽい方でも簡単に編めるので、

この機会に是非、編み物に挑戦してみてはいかがですか?

 

使う毛糸やかぎ針は100円ショップで

たくさんの種類の夏用の毛糸が売っていますよ。

わかりづらい方はお問い合わせフォームよりお問い合わせくださいね。

 - お花, 小物、雑貨

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。