失敗しない鶏ハム作り

      2015/03/26

鳥はむのサラダ丼

鳥はむのサラダ丼

一時期、とても流行った鳥ハム。

みなさんも作った事、ありますか?

私は鳥の胸肉が安売りの時に買って、

鳥ハムにして、冷凍保存しています。

チャーシューの代わりラーメンの具にしたり、

温かいご飯の上に載せて、タレをかけて丼にしたり、

何かと便利な鳥ハム

 

作るのもとても簡単です。

特に我が家の鳥ハムは簡単に作っています。

胸肉をはちみつか砂糖でもんで。。肩こりぐらいの。。

こういった工程はほぼ抜いてしまっているんです。

鳥ハムの作り方をいくつかネットで調べていたら、

結構、手間暇かけている方が多いですが、

あまり肩こり経験のない私にとっては、

とてもわかりずらかったので自分なりに作ってみたら、

とても簡単に出来る様になりました。

材料
胸肉       300400グラム
砂糖       大さじ2程度
塩        大さじ4程度
仕上げ様
塩、コショウ    適量
作り方
1,鶏肉の水分をキッチンペーパー等で良く吸い取り、
包丁で切り目を入れながら、胸肉を開いて、
均等の厚さにする。
2,ボウルに胸肉、砂糖を入れて、
砂糖のザラザラとした感触がなくなるまで、
揉む。
3,次に塩を入れて、ザックリと混ぜてなじませて、
ビニール袋等に入れて、半日~一晩、
冷蔵庫の中でねかせる。
4,ビニールから出して、流水で塩を洗い流して、
更に、水を張ったボールに胸肉をつけて、
半日~一晩、冷蔵庫か気温の低い場所で塩抜きをする。
5,水から胸肉を取り出したら、
キッチンペーパーで、良く水分を拭き取り、
鶏肉の両面に塩、コショウをして、
端っこから巻いていきます。
6,巻き終わった胸肉をラップで水分が入らないように、
しっかりと包んで、輪ゴムでチャーシューみたいに止めます。
7,お鍋に鶏肉が全部浸るぐらいのお湯を沸騰させて、
火をとめたら、下処理した胸肉を入れて、
そのまま、半日~一晩つけておきます。

失敗しないポイント

 

1,胸肉に切り目を入れて開き、厚さを均等にする。
2,砂糖と塩の順番を間違えない。
3,お肉を入れたら、蓋を開けない
4,塩抜きは完全にする。

この4つに気をつけていれば、

ロフトネットストア

まず失敗する事はないです。

・砂糖はお肉を封じ込める為に使うので、

塩漬けする前に、洗い流さなくても大丈夫です。

後で塩抜きする時に、水に浸けるので、

神経質にならなくても大丈夫です。

鳥ハムは余熱で作るので

お肉に直接、火にかけないことです。

火の通りを心配してしまって、

お肉を入れてから、火にかけてしまうと、

水分や、旨みが抜けてしまい、

バサバサの蒸し鳥になってしまいます。

・良くありがちだと思いますが、

早く食べたいからといって、

塩抜きの時間を短縮したりすると、

出来上がった時、ものすごく塩辛くなってしまいます。

塩が抜けたかどうか、お肉を端っこを切り取って

味見をする等の記事をみましたが、

生肉を口にするほど、危険な事はありませんから、

私はやめた方が良いと思います。

半日~水につけておけば、完全に塩は抜けます。

・また、出来たかどうか、

頻繁にお鍋の蓋を開けて様子をみる方がいますが、

お湯の温度を下げてしまい中まで火が通りません。

完全に冷めるまでは蓋はあけない様にしましょう。

以上が美味しい鳥ハムを作る方法です。

 

出来上がった時ちょっとだけ、

ピンク色の部分があっても、

塩漬けしてあるので安心して食べて大丈夫です。

もともと、ハムって「熟成」させて作るものです。

時間がかかって当然のものなので、

焦らず、じっくり作ってくださいね。

 - お料理 ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。