親子で食べてほしい!幸せを伝えるOHANAのケーキ♡

   

「辛くて悲しい時は、笑顔になると、

元気になれるよ。

僕は、イジメられたとき、そうしてるんだ。

楽しくなくても、口角をちょっとあげるだけでも、

元気になるんだよ。

だから、ママも悲しくなったらそうしてみて。」

 

私の息子が小学生の時に、

泣いてる私に言ってくれた言葉です。

 

社会の間違った偏見

IMG_0839

私の子供は小学生低学年の時に、

ひどいイジメや暴力にあいました。

原因は担任の虐待。

毎日、あざだらけになって帰ってくるので、

担任にその事を報告したら、

「~君、もしかしたら、ADHDかも知れません。

授業中も、じっとしていられなくて、

それが原因でお友達から、叩かれたりするんです。」

という返事が返ってきました。

更に

「教育指導センターに行ってください。

~君も苦しいと思うんですよ。。」

というので、嫌がる我が子を連れて指導センターに行きました。

今からもう15年以上も前は、

まだADHD等の障害への理解や認知度が低く、

ちょっとだけ落ち着きのない子は

みんなそういう病名をつけられていた感じがします。

教育指導センターには児童心理臨床士がいて、

子供を部屋で遊ばせて、その様子を別室から観察する感じだったと記憶してます。

今では、ADHD等の障害は

「大人になるにつれて改善され、社会生活には特に影響はない」とされています。

でも、その当時はそんな見方はしていなく、

もしくは先生達の情報もまばらだったので、

親や子供達は相当の苦戦を強いられました。

 

気になる我が子の結果

 

我が子は残念ながら、ADHDではありませんでした。

担当した心理臨床士の所見ですが、

「一人っ子なので、なかなか同じ年齢の子供となじむのが時間がかかりますね。

それに、幼稚園、保育園のお友達と違う子供と仲良くなるのは、

~君に関わらず、誰にでもある事ですよ。

後、~君はちょっとだけ、思考回路というか、

物事の認知の仕方がみんなと違っているんです。

そうだな~。。

例えば、算数。

普通の子だったら、1+1、1+2っていう具合に覚えるんですが、

~君は、「記憶」するんです。

1+1=2,1+2=3…数式を丸ごと暗記していくので、

先生の授業は退屈なのかも知れませんね。」との事でした。

 

狂気の担任

 

その所見をもって、担任に提出したんですが、

納得しませんでした。

「その人おかしいですよ!絶対に~君は、ADHDです!

大きな病院の小児科で検査してください!」

と烈火のごとく怒るんです。

「でも、心理臨床士がそういう結果出したんですから、

仕方ないじゃないですか。。」

私も主人も、そう思って、放置しておいたのですが、

ここから、担任の狂気が始まったんです。

・毎日、子供が学校で何をしたか?どんな行動をとったか?

・どんな会話をしたか?

・何回トイレに行ったか?

とにかく詳細(悪い事しか書いていない)を書いた原稿用紙を、

我が家のポストに入れて行くんです。

さすがの私も「子供が危ない!」と思ったので、

校長先生に言いに行ったのですが、

「私は担任ではないので、なんとも言えないんですが、

一度、病院に診せるのもいいと思いますよ。はははは。」

こんな感じで全く話になりませんでした。

 

子供が殺される!

 

こんなやりとりをしている間も、

子供のイジメは止まっていません。

毎日あざだらけです。

病院に行く前にもう一度、担当の心理臨床士に相談しました。

「病院なんか言ったらダメですよ!

~君、まだ7歳なんですよ!

ここ(教育指導センター)に来ているっていうだけで、

彼、相当参ってるんですよ。

「僕、バカなの?」そういう風に言ってるんですよ。

そんな精神状態の中で、病院なんか連れて行ったら、

~君、死んでしまう!

それに病院に行ったら、十中八九服薬されます。」

何てこと!!!

でも、私も主人もどうしていいのかわかりません。

学校に言ってもダメ、心理臨床士が学校に所見だしてもダメ、

そんな時に泣いていた私をみて、

子供が冒頭の言葉を言ってくれたんです。

 

担任が変わり、校長も変わり

 

でも、一つだけ救いがありました。

ちょうど時期的に進級だったので、

クラス担任が変わったんです。

ついでに校長も変わり、なんとか受診は逃れられました。

だけど、子供の心の傷は半端じゃありません。

授業中に急に泣いてしまったり、

家に帰ってきたりしました。

新しい担任の先生は結構な年齢の女性の先生。

しかもお子さんが実際にADHDのお子さんを育てたお母さんでした。

「お母さん、~君を絶対に責めないでください。

何があっても、見守ってあげましょう。

私達も協力しますから。。」

そんな優しい先生達の協力があって、

なんとか毎日登校は出来る様になりました。

ただし、クラスメイトからの暴力は相変わらずでした。

 

ついに見つけた「暴力」の根源

 

子供が5年生になったとき、

ロフトネットストア

若い男性の担任になりました。

我が子の場合、イジメというより暴力を受けていたんです。

仲間はずれとか、お友達がいないとかそういう事はなく、

我が家にもお友達は遊びに来ていたんです。

いつものように、教室で我が子が殴られていた時、

担任の先生が仲裁に入ったときに

「どうして、~君ばっかりに暴力をふるうの?」

ときくと、

「だって、~は殴ってもいいんだよ。」

クラスメイトが全員、そう答えたのだそうです。

「は?何それ?どういう意味?」

新任だったせいもあり、担任の先生は納得がいかず、

学級会まで開いてくれたんです。

そこで、ものすごい事実を私たちは知りました。

先生:「なんで、~君を殴って良いの?」

子供達:「だって、~はそういう奴だもん。」

先生:「先生、みんなの言っている意味全く分かんないんだけど。。

殴っていい人間ってどういう事?」

子供達:「。。。そうだね。。そういえば、何で僕ら

~君を、殴って良いって思ってたんだろ。。」

子供達:「あれじゃない。。1年生の時の先生が、

~君の事、よく授業中とか、ビンタしたり蹴ったりしてたよね。」

子供達:「そうだ!!勇希達が「何で先生、叩くの?」って言ったら、

「こいつは叩いても良いやつなんだ!」って逆に怒鳴られたね。」

先生:「え?先生が叩いてたってこと?」

子供達:「うん、そう。」

先生:「他の先生たちに言えなかったの?」

子供達:「だって、僕らが殴られたらいやだよ~」

我が子が殴られる原因は担任の暴力が原因だったんです!

学校の対応と我が子の反応

IMG_0845

担任の先生は校長先生に事実を報告してくれました。

その後、教育委員会の調査が入る前に、

私達家族と、校長、教頭、担任、教育委員会の委員長と話し合いをしました。

我が子を虐待していた先生はもう違う学校へ転任してましたし、

校長も退職してたんです。

責任とか、謝罪とかしてほしい人はもういないのです。

話し合いの時に、校長先生が我が子に

「~君は、どうしたい?どうしてほしい?」と尋ねると、

「もう、良い。僕、斎藤先生大好きだし、

みんなも大好きだし。。

それに、僕にとっては、もう忘れたい事なんだ。

だから、もういいよ。」と言いました。

その言葉に、怒り心頭だった私達も、

そして先生達もとても救われたんです。

担任の先生は泣いてたな~。。

 

心の傷は治るのに時間がかかる

 

その後、我が子は中学、高校に進学したんですが、

反抗期も重なり、人を寄せ付けなくなりました。

親の私達への反抗も半端じゃありませんでした。

ものすごく傷ついたから、傷つくのが怖くて、

ものすごく汚い言葉を言っては、先に傷つけてしまうようになりました。

そして、いつも一人でいるようになりました。

大学に受かっても進学せず、

バイトを転々とするような日が2年も続きましたが、

ケーキを焼くことを手伝うようになって、

大きく気持ちが変わりました。

 

僕のケーキで元気になる人がいると良いな

IMG_0843

OHANACAFEのケーキは私と子供で焼いてるんですが、

なかなかお客さんには人気で、いつも完売です。

ケーキの味を聞いてみると、

 

「ここのケーキは大きいけど、いくらでも食べれちゃうのよ!

材料に良いもの使ってるのはわかるけど、

なんだかすごく優しい味がするのよ~。」

 

そんな感想が返ってきます。

いっぱい悩んで、いっぱい傷ついたけど、

その傷を「ケーキ」に変えてみたら、

すごく優しいケーキになりました。

最近、ケーキを焼くたびに我が子はこう言います。

 

「僕のケーキ食べて、みんなが元気になれると良いな。」

 

今を悩む親子に、私は言いたい

 

状況は変わります。

理不尽な事、いっぱいあります。

だけど、目の前の状況に呑み込まれないでください。

役所、行政がダメだからといって、諦めないでください。

絶対に誰かみてます。味方になる人は必ずいます。

だから、その前に死んだり、傷つけあったりしないでください。

 

疲れたら、どうぞOHANACAFEのケーキを食べてください。

優しいけど、元気になれる力がいっぱい入ってますよ♡

 

明日のケーキはパウンドケーキとブラウニーです🌸

 

 - OHANAカフェ, イベント ワークショップ、講座, ハワイアンヒーリング, 子育て, 生き方

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。